引っ越しをした場合は印鑑証明はどうなる?<手続きなど>

印鑑の登録は各市町村の役場で行うものです。

 

そのため、引っ越しをする場合、転居先によっては、改めて印鑑登録する必要が出てきます。

転出届を提出した時点で、それまでの印鑑登録は無効となりますので、印鑑登録カードは役場に返却します。

 

印鑑登録をし直す必要が無いケース

同一市町村内での転居であれば、改めて印鑑を登録し直す必要はありません。

住所異動届を提出すると、それに伴って印鑑登録の住所も変更されますし、印鑑登録カードもそのまま使うことができます。

 

ただし、前の住所が記載された印鑑登録証明書は無効となりますから、新しい住所の入った印鑑登録所が必要な場合には、住所の異動届を提出する際に、印鑑登録カードも一緒に持参するようにしましょう。そうすれば、その日のうちに新しい住所が記載された印鑑証明を取ることができます。

 

改めて印鑑登録が必要になるケース

これまで印鑑登録を行っていた自治体以外へ転出する場合には、改めて印鑑登録をし直す必要があります。

これまで居住していた市町村の役場に転出届を提出した時点で、旧住所の印鑑登録は廃止されますが、念のために廃止届を出し、印鑑登録カードも返却しておくと安全です。

 

新しい印鑑登録は、新住所の属する市町村役場で転入届を提出する際に、一緒にしておくとよいでしょう。その際には、登録する印鑑が必要になりますから、忘れずに持参してください。

 

印鑑登録が済めば、その日のうちに新しい住所が記載された印鑑証明を取ることができます

 

登録できる印鑑の条件は自治体によって若干異なる

引っ越しの際に注意しなければならないのは、登録できる印鑑の条件が、自治体によって若干異なるという点です。

これまで登録できていた印鑑が登録できないという場合もありますから気を付けましょう。

 

具体的には、登録できるサイズの範囲が異なる場合やフルネームの印鑑が登録できない場合などです。転入先の市町村役場に持参する前に電話などで問い合わせておくと、いざ登録しようとしたときに断られる心配が無く安心です。


このページの先頭へ戻る