印鑑登録は必ずするべき?登録のタイミングと方法について

印鑑は自分の証明のために用いられます。

 

宅急便の受け取りのような小規模なものだけでなく、大きなお買い物のために必要な証明にも印鑑が必要となるのですが、重要な取引に使われる印鑑は、印鑑登録と呼ばれる手続きを行ったものが必要となるります。

 

人によっては一度も印鑑登録を行っていないという方もいますが、果たして印鑑登録は必ずするべきなのでしょうか。

 

独立してからで大丈夫

印鑑登録を一度もしたことが無いという方は、家から出て一人暮らしをしたことが無いという方が多いのではないでしょうか。

 

印鑑登録は自分が用いる印鑑を自分だけのものであると、第三者に証明してもらうために行うのですが、こうした印鑑は自動車や不動産を購入したり、遺産の相続を行うなどの大きな契約にだけ必要となります。
そのためそうした取引をすることが無いうちは、別に印鑑登録をしなくても問題ありません。

 

印鑑登録の方法とは

印鑑登録は重要な取引を行う必要が無い限りは、すぐにでも必要となるわけではありませんが、そうした取引をするようになる年齢になると、どうしても印鑑登録を済ませておく必要が出てきます。

 

そうなったときに慌てないためにも、早いうちから印鑑登録をしておくべきという意見もあるので、印鑑登録を行う際は、複製が難しい実印と呼ばれる特別な素材や書体を使った印鑑を用意して、自分が暮らしている区役所や市役所で登録手続きを行います。

 

このとき運転免許証などの身分を証明できるものや、手続きの料金も忘れずに用意しておきましょう。

 

将来必要になる手続き

印鑑登録は15歳以上になってから行えるものなので、すぐに行わなければならないというわけではありませんが、将来必ず必要になることなので、早めに終わらせてしまうのも良いかもしれません。
損と雨にはきちんとした実印を用意しないと、役所で取引を行ってくれないので、最寄のはんこ屋に製作を依頼してもらうか、専門の通販サイトを利用して、自分だけのオリジナルの印鑑を製作してもらいましょう。

 

大事な場面で使用する印鑑はやはり普通の印鑑とは違います。
自分の人生にもかかわるような重要な印鑑なので、間違えても複製されて悪用されたり、落として壊してしまったりしないように大事に扱い続けるようにしましょう。


このページの先頭へ戻る