実印を銀行印として使うことはできる?

実印を銀行印として使うことができるのかどうかという質問がたまに見られます。この件に関して、できるかどうかということのみを答えるのであれば、答は「できる」ということになります。

 

しかし、実印や銀行印の意味を考えると、実印は実印としてのみ使用し、銀行印は銀行での取引にのみ使う印鑑を別に用意すべきというのが正しい答えになるでしょう。

 

実印と銀行印の違い

実印とは、市町村役場に登録した印鑑で、売買契約などの際に、書類に捺印し印鑑証明書を添付することで、法的な権利や義務を生じさせる特別な印鑑です。

 

それに対し、銀行印は、金融機関に登録し、お金の出し入れや移動の際に必要となる印鑑です。ですから、市町村役場に登録した印鑑を、銀行にも登録すれば、銀行印としても利用することは可能です。

 

一般的に、実印はめったに使うことの無い印鑑というイメージが強く、せっかく上質な印鑑を作ったのだから、銀行印としても兼用しようと考える人もいるようですが、紛失や盗難の際のリスクを考えると兼用はやめた方がよいと言わざるを得ません。

 

実印を銀行印として使うリスク

実印と銀行印を兼用すると、もしも紛失したり盗難に遭ったりした場合には、手続きが面倒になるだけでなく、悪用されるリスクも高まります。

銀行印が紛失したり盗難に遭ったりした場合には、その印鑑登録した金融機関へその旨を知らせ、印鑑を変更するだけで済みますが、実印を兼用していた場合には、金融機関への届け出の他に、実印の登録を廃止し、新しい実印を改めて登録しなければなりません

 

もし、実印と一緒に印鑑登録カードや印鑑証明書も紛失したり盗難に遭ったりした場合には、手続きを取る前に預金の引き落としをされたり、何らかの契約を結ぶのに悪用されたりする可能性が高く、また、廃止の手続きを取った後でも、無効であることを知らずに契約をさせられたような人がいる場合には、詐欺に遭った人に対する責任を負うことにもなりかねません。

 

まとめ

実印だけでなく、銀行印もATMの上限を超える取引の際に必要となる印鑑ですから、その両方を兼ねるということは、その分大きなリスクを背負うことになるのです。ですから、実印は銀行印として使うことは可能であっても避けるべきでしょう。

 


このページの先頭へ戻る