実印、認印、銀行印の違いとは<印鑑のサイズ?登録?素材?>

印鑑には様々な種類があり、それぞれ使用する場面などに違いがあります
そこで今回は、よく耳にする実印認印銀行印などについて詳しく解説していくことにしましょう。

 

実印とは

まず実印についてですが、これは印鑑の中でも一番重要とされている印鑑のことを指しています。住民登録をしている各市町村に登録している印鑑であり、どのような印鑑でも登録できるわけではありません

 

基本的には、8mm以上25mm以内の正方形の枠内に収まる印鑑だけが登録できるようになっています。そのため、それ以外の規格の印鑑は登録することができません。また正確な印影を残す必要がありますので、欠けていたり綺麗に押すことができない印鑑も登録不可となっています。

 

印鑑の形に関しては楕円形でも角印でも問題ありませんが、細かな規定に関しては各市町村によって違いがあるため事前確認が必要となるでしょう。また実印は、自らを証明することができる重要な印鑑ですので、素材は耐久性があるものを選ぶ必要があります。

 

高価な印鑑を購入する必要はありませんが、象牙黒水牛オランダ水牛を使用している印鑑であれば長く使用することができるでしょう。

 

 

認印とは

次に認印についてですが、こちらは印鑑登録していない全ての印鑑のことを指しています日常生活の中で最も利用する機会が多い印鑑と言って良いでしょう。

 

いくつ持っていても問題はないため、多くの人は三文判シャチハタを数個保有しているのが一般的です。法律上の効力は十分ありますので、他人に悪用されないように管理することが重要だといえるでしょう。

 

 

銀行印とは

最後に銀行印ですが、実は銀行印は認印の中に含まれます。銀行印とは銀行届出印銀行取引印とも呼ばれており、金融機関で口座を開設する際に捺印する印鑑のことを指しています。実印を銀行印にしてしまう人がほとんどですが、実印が複数個あると該当する印鑑が分からなくなるケースがあるため、管理方法に気を付ける必要があります

 

ですから、普段使用する印鑑と銀行印は分けて保管しておくことが望ましいといえるのです。


このページの先頭へ戻る