実印作成時、書体を選ぶ際のポイントとは?

印鑑に使われる書体は6種類

印鑑に使用される書体には、篆書体(てんしょたい)、印相体(いんそうたい)、古印体(こいんたい)、行書体(ぎょうしょたい)、隷書体(れいしょたい)、楷書体(かいしょたい)の6種類があります。

 

実印にはどの書体を使用しなければいけないという決まりはありませんが、できるだけ識別しにくく、偽造の困難な書体を選ぶのがおすすめです。
ただし、画数の多い字が含まれている場合には、印影がはっきりと判別しやすい書体を選んでもよいでしょう。

 

実印向けの書体とは?

楷書体や行書体は識別しやすい

印鑑に使われる書体にはそれぞれ特徴があります。

 

楷書体や行書体のように識別しやすい書体は、偽造を避けたい実印には不向きです。

どちらかと言えば認印向きです。

 

識別しにくく偽造が難しいという点から、篆書体と印相体を用いる場合が多いようです。

 

篆書体とは?

篆書体は、中国で古くから用いられてきた文字の形で、縦と横の線の交わり方が美しく、ほとんどの文字が正方形にうまく収まるという特徴があります。

 

他の書体にはない味わいを持った書体で、中でも漢数字の一、二、三は他の文字とのバランスを取るために画数の多い特殊な字体の文字を使います

 

印相体とは?

印相体は、印鑑に用いるために、篆書体を元にして特別に作られた書体です。中央から八方へ向けて線が流れるように広がる書体のため、縁起の良いものとされ、吉相体という別名がつけられています

 

この書体にも、篆書体と同じように、他の文字とのバランスを取るために、画数の少ない漢数字に特殊な字体があります。篆書体を元にして作られた書体ということもあり、篆書体以上に識別しにくく、偽造も難しくなっています

 

古印体(こいんたい)

古印体は墨溜り、欠け途切れなどを特徴としており、雅な味わいがあります。印章用の書体であり、日本の漢字を基にして進化されてきたものです。特徴としては、可読性が高く、馴染み深い雰囲気があります。印鑑の中では主に認印で使われる事が多く、銀行員や実印ではあまりみられません。

 

行書体(ぎょうしょたい)

行書体は、学校のテキストなどで使われる読みやすい「楷書体」から派生の流れるような印象がある書体です。雰囲気は柔らかめで、女性に人気のある書体でもあります。楷書体に比べ読みづらい書体であるため、実印として使われる分には問題ありません。

 

隷書体(れいしょたい)

隷書体は、横長で、端正なバランスがあり、波を打つ運筆で書かれたような書体です。お札に書かれている「壱万円」や「日本銀行券」といった文字が、この隷書体によって書かれています。文字によっては形状がやや異なる場合がありますが、多くは現代の文字とほとんど変わりません。可読性が高めの書体であるため、実印よりは認印などに使われる方が多いです。

 

楷書体(かいしょたい)

楷書体は、教科書などで使われていることもある馴染みのある書体です。一目見て読みやすい書体であるのが特徴で、書道で書かれた綺麗な文字となっています。様々な書体があるなか、可読性が非常に高いタイプと言えるため、実印ではなく、認印、あるいは訂正印などに使われる方が多いです。

 

 

しかし、この書体を手彫りした場合、画数の多い文字が含まれると姓名の判読が難しくなり、返って実印の登録ができなくなってしまうこともあります。あまりにも画数の多い漢字が含まれている場合には、でき上がりのイメージを前もって見せてもらい、判別できるかどうか確認してみた方が無難でしょう。

 


このページの先頭へ戻る