外国人用の実印あれこれ<作れる?名前は?規定は?などを解説>

印鑑を使う習慣は世界ではごくわずか

世界中でも印鑑を使う習慣のある国は日本と韓国ぐらいです。

 

欧米諸国はもちろん、はんこの発祥地である中国でさえ、印鑑を使うのは企業や官公庁だけで、個人レベルではサインを使うのが普通です。

 

ですから、日本で仕事をすることになった外国人は、習慣的に印鑑を使う文化に戸惑いを覚えるようです。

 

日本で生活するなら外国人も印鑑は必要

しかし、日本で仕事や生活をする上では、印鑑は欠かせないものです。外国人であっても、法的な権利や義務を発生させる行為をする場合には、印鑑登録をした実印を使わなければなりません。

 

例えば、車や家を買うときなどがそれに当たります。

 

ですから、外国人用の実印も存在します。

 

外国人用の実印とは

名前はカタカナか英字で

外国人の名前の特徴は、日本人よりも文字数が多いということです。外国人の実印は、漢字の名前でなければ、カタカナまたは英字で作られるのが普通です。

 

日本人と同様に役場で登録

外国人の場合も、日本人と同じように、住民登録のある市区町村の役場や出張所に申請書を提出して実印の登録をします。実印として登録する印鑑を窓口に持って行き、備え付けの申請書類に必要事項を記載して届け出をします。

 

ただし、各自治体や、外国人登録原票や住民基本台帳の記載内容と照らして、英字の印鑑が必要なのか、通称名をカタカナで彫った印鑑でよいのか、また、ファーストネームやミドルネームを省略した印鑑でも登録できるのかなどが若干違っています。実印を作る前にきちんと確認しておきましょう。

 

名前は横書きが一般的

外国人用の実印の場合、横書きが一般的で、上の段に名、下の段に姓が入る2段のものが多いようです。しかし、出身国によっては、姓名の順を逆にした方が良いケースもありますし、ミドルネームのある方もいますので、それは作るときに指定して対応はしてもらいましょう。

 

文字数が多い場合は柔軟に調整して作る

彫ることのできる文字数は、15mmサイズのもので、カタカナ20〜25文字程度、アルファベットで30〜35文字程度が目安です。

 

文字数が目安よりも多い場合、印面のサイズを大きくする他に、書体を変えたり、文字の配置バランスを変えたりすることで調整することもできるようなので、よく相談してみましょう。


このページの先頭へ戻る