実印を紛失した時にとるべきベストな行動とは

実印は、売買契約などの際、その行為が本人の意思で行われていることを示す大切な印鑑です。不動産の購入や自動車の購入など、大きな買い物をする際に主に使う印鑑ですから、もし、第三者に不正使用されたら、大きなリスクを背負う羽目になることなど容易に想像がつきます。

 

ですから、万が一実印を紛失した場合は、少しでも早く的確な対処しなければなりません。

 

@実印の紛失した旨を市町村役場や登記所に届け出る

実印が紛失、または盗難に遭った場合は、一刻も早く、個人なら市町村役場法人であれば登記所にその旨を届け出るようにします。

 

届け出を行い、印鑑証明書の交付を停止させる

実印本体のみであれば、法的な効力は生じませんが、捺印に印鑑証明書が添付されると、自分のした行為でなくても責任を負うことになりません。もし、印鑑証明書が交付されてしまうと、不正に使用された実印であっても法的な効果を生じさせてしまいます

 

そのため、まずは何よりも先に、印鑑証明書の交付が受けられない状態にしてしまいます。

 

A改印の届け出をし、新しい印鑑を実印として登録する

続いて、改印届を出し、これまでとは別の新しい印鑑を実印として登録します。こうすれば、紛失した印鑑が実印としての効力を持たないため、万が一、それまでの実印が不正に使用されても、その責任を負わされるリスクは回避できます。

 

改印届を提出する際には、新しく登録する印鑑と、運転免許証など本人であることが確認できる書類が必要となりますので、忘れずに持参しましょう。

 

B警察や関係先などへの連絡も忘れずに

役所への手続きが済めば、それまでの実印は実印としての効力を失うことになります。しかし、実印は法的な権利や義務を発生させる印鑑ですから、悪用されると取引や契約の相手に迷惑をかけることにもなりかねません。

 

ですから、きちんと警察にも紛失届や盗難届を提出し、紛失届出証明書や盗難届出証明書をもらっておくようにしましょう。

 

自分だけの問題ではない

また、以前の実印で取引や契約をした関係先や取引先ほど、悪用された場合に、本人の実印であると思い込みやすいため、迷惑をかけることにもなります

 

自分だけの問題と思わずに、周りの人達にも改印した旨をきちんと伝えておくようにしましょう。

 


このページの先頭へ戻る