いまさら聞けない丸印と角印の違いとは<良く分かる解説>

請求書や契約書など、企業でも印鑑は多く使われていますが、これらの書類に使用する印鑑には、丸印と角印が存在します。

 

何気なく使っているこれらの印鑑も、それぞれ使う場面が異なるため、使いどころを間違えると問題になることもあります。
果たして丸印と角印はそれぞれどういう時に使用するのでしょうか。

 

丸印と角印の違い

丸印と角印はどちらも法人で使う印鑑です。
呼び名のとおり、丸い形の印鑑、四角い形の印鑑なのですが、実はもっと別の意味も持っています。

 

丸印は法人の実印、つまり代表者印のこと、角印は社印のことを指すのです。

 

詳しく解説

丸印について

丸印は法人の実印として、会社や団体の設立登記をした時に、法務局に登記した印鑑です。
中央に「代表取締役印」「取締役印」「理事長印」等役職を表す記載があり、その周囲を囲むように丸く会社名が記されているのが一般的です。

 

丸印は個人で使う印鑑でたとえると、実印にあたる印鑑で、法人に企業として認めてもらうための印鑑として作られます。
その為丸印を使用するということは、会社の代表が決定した取引や手続きであることに繋がり、丸印が使用されるのは、何か重要なときに限定されます。

 

個人の実印と同様、契約書などに捺印した際には印鑑証明書を添付して提出します。
ただし、個人の実印は印鑑証明を市区町村が発行しますが、法人の印鑑証明は法務局が発行します。

丸印の押し方

丸印は企業にとっての実印といえる非常に重要な印鑑です。
当然取引も重要なものが多く、契約を結んだと証明するために正しく捺印する必要があります。

 

斜めになったりかすれたりといった雑な捺印だと、見栄えが悪くなりますし、そもそも印字がしっかりされないと、契約書を結んだと認められなくなるかもしれません。
印鑑を押す際は、きれいになるよう朱肉を付けすぎない程度にしっかり付け、のの字になるよう適度に力を入れることで、きれいに押すことが出来るでしょう。

 

このとき印鑑を捺印する位置は、代表者の名前の最後の一文字が、印影の中心に来るように押すと、バランスが良くなり見栄えも良くなりやすいです。

おすすめのサイズ、材質、書式は?

丸印は実印のように非常に重要な契約に使われる印鑑として使われています。

 

サイズの指定は自由に行えますが、推奨サイズが存在し、個人用なら直径15mm〜18mm、法人用なら21mm程度の大きさのものを製作すると良いといわれています。

 

書体は複製が困難な篆書体、太枠篆書などが使われており、印材も象牙などの貴重な印材を使ったり、耐久性を高めるためにチタン製を使うなど、用意する人で個性が出ます。

 

角印について

それに対して、角印は「○○株式会社之印」等の記載がある印鑑で、わかりやすく言うと法人が使う認印のようなものです。
見積書や請求書、発注書、領収書など、会社で日常的に発行される書類に捺印する印鑑で、「この書類はこの会社が発行したものです」ということを明確に示す役割をします。

 

とはいえ会社が認めたという証明に使われる印鑑なので、そう簡単に押すべきものというわけでもなく、ある程度の役職についた社員が管理することのほうが多いです。

 

公文書に押すときは、角印だけだと認められないことがあるため、重要な書類には丸印と角印の両方を押します。

角印の押し方

角印は丸印に比べて重要度は落ちますが、会社の証明になる点は変わらないので、こちらもきれいになるように押してください。

 

印字の位置については書類によって異なりますが、請求書に押す場合は、請求書に記載されている自社の社名や住所が書かれた位置の右側に来るように捺印するのが基本です。
会社によって捺印する位置が変わる場合もあるので、過去の書類が確認できるなら、前もって正しい位置を確認しておいたほうが良いでしょう。

 

もちろん文字がかすれてしまったり、文字が曲がっていたりすると、見た目も悪いうえ、取引先に出す書類の場合は顰蹙を買いかねないので、前もってまっすぐ捺印できるように練習しておくのも良いかもしれません。

おすすめのサイズ、材質、書式は?

角印は個人よりも法人で使われることが多い印鑑です。
重要な印鑑であることには変わりありませんが、丸印と比べると使う頻度が多いので、多少安い印材を使っているというところもありますが、耐久性の高さを求めて黒檀やチタンなどを使うところも見られます。

 

推奨サイズは、大体18mm〜24mmとされており、書体は丸印と同様、複製が難しいものなら何を使っても問題ないので、サンプルを参考に好きな書体を選択してください。

 

その他の印鑑について

これ以外にも法人には第3の印鑑があります
代表印と見た目がよく似た銀行印です。
中央に「銀行之印」という記載があり、その周囲に丸く会社名に記されています。
形状はよく似ていますが、しかし、こちらは丸印という呼び方は一般的にはしません

 

法人の実印である丸印は、捺印後に印影と印鑑証明書の照合が行われます。
よって、丸印は文字に被らないように押さなければなりません。
逆に、角印は、住所印や社名代表者名の最後の一字に少し被るように捺印しますが、丸印は文字に被らないように注意しなければなりません。

多くの場合は、丸印を押すべき場所に「印」と書かれていますが、文字と被らないようによく注意しましょう。

 

まとめ

このように使い分けされる丸印と角印ですが、実は、『代表印が丸、社員が角』というのは古くからの慣例で、法律で決められているわけではありません

 

つまり、
角印を登記して実印にしてもかまいませんし、社印が丸印であっても問題はないのです。

 

しかし、角印を実印とした場合、実印が角印でもよいことを知らない人が多いため、契約を軽視していると受け取られかねません
ですから、無用の誤解を避けるためにも、慣例に従っておいた方がよいでしょう。

 

すぐに作れるコンピューター彫りのものは複製の心配もあるので、必ず手彫りで作成してもらい、複製ができない一つだけの印鑑を用意する事をすすめします。

丸印・角印もネットで作成可能

当サイトでは、ネットで実印が作成できるという情報を紹介しましたが(トップページ参照)、
もちろん、丸印・角印の作成も可能です。

 

ただ、ネットだと色々不安という方もいると思うので、少し解説していきます。
それぞれ料金設定や販売している種類が異なるので、購入したい印鑑がある場合は、どの店舗を利用するか良く考えて選びましょう。

 

ネット通販サイト比較表

  はんこプレミアム ハンコヤドットコム ハンコマン はんこdeハンコ 平安堂
丸印金額 個人実印1780円〜

会社実印3,580円〜

会社実印7,000円〜 個人実印2,660円〜

法人実印2,970円〜

個人印鑑2,280円〜

法人印鑑2,880円〜

認印5,800円〜
角印金額 会社角印3,780円〜 角印7,600円〜 法人角印4,100円〜 法人印鑑3,980円〜

職印・資格印…4,380円〜

会社角印8,800円〜
送料 540円〜

5,400円以上で無料

540円

5,400円以上で無料

全国一律540円

5,400円以上で無料

全国一律540円

5,400円以上で無料

800円〜

10,000円以上で無料

 

 

 

 

当サイトNo.1認定のお店『ハンコヤドットコム』の場合

ハンコヤドットコム

例えば実績No.1のハンコヤドットコムでももちろん丸印・角印の作成ができます。

 

サイトを見てみると下の画像(お店のHPから抜粋)のように紹介されており、

素材の種類・保障期間・値段、と店頭と同等、値段については店頭より安く販売されています。

 

丸印(実印)の販売ページ

ハンコヤドットコムの丸印ハンコヤドットコム丸印ページ

 

角印の販売ページ

ハンコヤドットコムの角印ハンコヤドットコム角印ページ

 

丸印・角印のセット販売も

更に、ハンコヤドットコムでは会社設立3本セットという、実印(丸印)・角印・銀行印が3本1セットとなった商品があります。

 

これは場合によっては単体でそれぞれを購入するより半額以下の値段で購入することができます。

 

是非丸印・角印を購入する必要がある方はハンコヤドットコムを見てみてはいかがでしょうか?

 

ハンコヤドットコムハンコヤドットコム公式サイトはこちら

その他のお店もチェックしたい方は

ハンコヤドットコム以外にも、当サイトで紹介しているその他の店舗でも丸印・角印を取り扱っています
トップページに他のお店の特徴や金額などを紹介・比較解説をしていますので、ご自分の希望や条件と照らし合わせてみて、気に入ったお店の公式サイトを覗いてみてください。

 

>>トップページはこちら<<


このページの先頭へ戻る