士業印(しぎょういん)ってどんな印鑑なの?

印鑑には、個人向けの実印や銀行印、法人向けの代表印や銀行印の他に、士業印と呼ばれるものがあります。それは具体的にどのようなものなのでしょうか?

 

士業(しぎょう)とは?

弁護士などの「士」が付く職業の俗称

士業とは、「弁護士」や「司法書士」のように「士」という文字の付く職業のことです。士業とかいて「しぎょう」や「さむらいぎょう」と読みます。

 

「士」のつく職業には、難関の国家資格が必要なものや専門的な知識・技能を必要とするものが多いのが特徴です。具体的には、弁護士や司法書士の他に、税理士、公認会計士、行政書士、弁理士、社会保険労務士、土地家屋調査士、海事代理士のようなものがあり、どれも公益性の高い職業ばかりです。士業とは、これらの職業をまとめて呼ぶときの俗称なのです。

 

士業印は何に使う?

依頼人の代理業務の際に使う

士業の肩書で仕事をしている人は、依頼者の代理人として動かなければならないことが多く、代理人として書類を作成する際には頻繁に捺印する必要があります。その際に、必要になるのが、職業と氏名の両方が入った特殊な印鑑です。

 

法人用の代表者印や、銀行印、角印などとは別のもので、個人の資格で仕事をする人のための印鑑になります。この士業印は、職印や資格印とも、先生印とも呼ばれることがあります。

 

士業印の種類

士業印にも丸印と角印がある

士業印には、丸印と角印があります。丸印と角印、どちらか一方だけを作って使用しても、両方作って用途によって使い分けても構わないのですが、行政書士と土地家屋調査士の印鑑には角印が多いようです。その他の士業印は丸印、角印の両方を作ることが多く、丸印を契約書類などの重要書類を作成する際に用い、角印は請求書や領収書の作成時など、日常的な業務の中で用いるのが一般的です。

 

士業印のレイアウトは?

依頼者の希望に沿って決まる

職名と氏名の両方を入れる必要のある士業印の場合、サイズやレイアウトは一定の決まりに沿っていれば、基本的には依頼者の希望に沿って決めることができます。

 

資格の名称などによってレイアウトは変わる

一般的には、丸印は16.5mmか18mm、角印は18mmか21mmのものを選ぶことが多く、レイアウトとしては、右側に資格名、中央に氏名、左側に之印と入れることが多いようです。ただし、資格名称の長さや氏名の文字数などによっては、きれいに収まるサイズやレイアウトが違ってくるため、それよりも小さいサイズや大きいサイズを勧められることもあります。

 


このページの先頭へ戻る