実印をネットで購入するのは危険って本当?

通販サイト

よく通販サイトは店頭で購入するより危険が多いといいますが、実印を購入する際も、危険性が高いから避けるべきという意見を耳にすることが出来ます。

 

確かに実印は重要な取引に使われるものなので、取り扱いは慎重に行うべきですが、通販際とはどの程度危険なものなのでしょうか。

 

信頼できないサイトが多い

通販サイトで最も怖い点は、サイト自体が信頼できないことがあるという点です。

 

特に名前も知られていない通販サイトの中には、商品を売らずに代金だけもらう詐欺サイトがあったりと、何かとトラブルがおきやすい環境なので、問題を起こさないように信頼性の高いサイトを選ぶことが肝心です。
印鑑の通販サイトには長年営業している大手のサイトも多いので、注文するならそうした有名なサイトを利用するようにしましょう。

 

データの管理について

ネット通販を利用する際は、クレジットカードの情報や購入した商品の種類など、様々なデータを購入した企業に送ることになりますが、その情報が流出すると、大きなトラブルに発展します。

 

実印を購入したデータがあれば、その内容どおりに実印が複製されるなどの問題も起きそうですが、印鑑の通販サイトでは当然そうした顧客データは厳重に管理していますし、有名サイトなら手作業で印鑑を製作しているので、同様のデータで注文しても、まったく同じものは作れないでしょう。

 

信頼性の高い企業なら安心

ネット通販は何かと危険だといわれやすいですが、それらはすべて信頼性の低い企業を使うことが問題といわれています。
そのためきちんとした信頼性の高い企業を利用すれば、特にトラブルも起きないまま商品を購入することが出来ます。

 

実印についても当然トラブルを起こすような知らないサイトは選ばず、口コミ評判でも好評で、古くからサイトを運営している老舗の通販サイトを利用すれば、自分好みの実印を気軽に購入することが出来ます。

 

印鑑の通販サイトはちゃんとしたところなら安全です。
最近は色々な企業が印鑑の販売を行っているので、興味がある方はどんなサイトがあるのかチェックしてみてください。


このページの先頭へ戻る