印鑑って大体何個くらい必要なの?<法人の場合>

法人の場合も、印鑑は会社を作ったり、仕事上の書類を作成したりする際に必要です。
法人の場合は何本の印鑑が必要になるのでしょうか。

 

最低限必要な印鑑

印鑑通販サイトなどでは会社設立セットなどの印鑑のセットを売っていることもあります。
その場合、多くは実印と銀行印、角印(社印)の3本セットか、それに住所印が付いた4本セットで売られているようです。

 

しかし、実際に会社を立ち上げた人の話によると、会社の規模にもよりますが銀行印は個人の印鑑を使うという人が多いようです。

 

また、角印も使わないという人も中にはいます。
そうなると実印だけがあればいいということになります。

 

ただ、会社の規模が大きくなって銀行の入出金を社員に任せるようになると、個人印を預けるのは不安ですし、会社名義の口座を作った方が便利にもなります。

 

通常は角印を使うことも多いですし、代表者の名前と会社名の入った丸印が必要になることもあります。
会社の立ち上げ当初は、他のことにもお金が必要になるでしょうから、実印と角印だけを作り、銀行印や丸印は必要に応じて追加で作るという人が多いようです。

 

ただ、セットで買うと安くなることもありますから、そこは臨機応変に対応するといいでしょう。

 

ゴム印も必要?

法人での書類には、会社名と住所を記入することがとても多いものです。
そうすると、仕事の能率を考えて社名や住所のゴム印を作った方がいいと思われます。

 

会社の実印などとセットで安く買えるお店もあります。
しかし、このゴム印に関しては親子印を作ることをおすすめします。

 

親子印とは組み合わせ印とも呼ばれ、社長名や会社名、住所名が別々になっていて、組み合わせることで一つのはんことしても使えるものです。
これなら、住所だけ使いたいときにも使えますし、社長が変わった場合にもそのはんこだけ交換することで、他のはんこを無駄にすることもありません。

 

絶対になくてはいけないというものではありませんが、住所印などのゴム印も作っておくと便利です。


このページの先頭へ戻る