拇印はどれくらいの効力があるのか

印鑑を使用する機会は色々ありますが、重要な手続きを行う際は、実印を用意して行うことが多いです。
実印は専用の手続きを行って作成する特別な印鑑で、自分の証明に使われるものですが、同様に自分の証明として拇印が使われることもあります。

 

拇印は自分の指にインクを付けて押すことを指し、複製しようがない自分の指紋を使うことになりますが、この効力はどのようなものなのでしょうか。

 

そもそも、拇印とは?

「拇印」とは、手の親指の腹に朱肉や墨などを塗って、指紋がわかるように押印したものです。

 

日本では昔から、本人の意思を確認できるものとして、捺印の代用とされてきました。
現在でも、印鑑を持ち合わせていない時などには、拇印で代用することがありますが、その場合は普通右手の親指を用います

 

拇印の使いどころはどこ?

日常生活において母音を使うことはめったにありません。
宅配便の受け取りなどは認印やサインを使うでしょうし、銀行での手続きなら銀行印、印鑑証明などでは実印を使います。

 

これだと拇印を使う機会がなさそうに見えますが、拇印が使われる機会は、警察のお世話になったときが最も多いといいます。

 

警察に捕まったときは、書類に印鑑を押す必要があるのですが、実印を日常的に持ち運ぶ人もいないので、自分と証明するために拇印を使用することになるそうです。

 

実印と拇印はどちらの効果が高い?

拇印は自分の指を使うため、複製することはまず不可能です。
それだと他人が彫る実印よりも複製できる可能性が少なく、高い効力を発揮しそうですが、実際のところ身分証明のための効力は実印と拇印はほとんど同じとされています。

 

ただし、拇印は印鑑証明や公的な手続きなどではほとんど使用することが出来ないため、実用性を考えると実印のほうが効力が高いといえます。

 

さらに拇印の場合指紋の特定に時間をかける必要があるため、拇印が法的な効力があるか判断するまでに時間がかかるという欠点もあり、警察に捕まったときなどに作成する書類でも、拇印に加えてサインを必ずつけることになります。

 

拇印で作成した書類は法的に有効?

契約などの際、署名または記名と捺印によって承認の証とします

 

署名とは自筆で氏名を書くことで、筆跡から本人の意思を特定することができます。それに対して記名は自筆以外の方法、例えばワープロで書かれたものでも、ゴム印で押されたものでも、氏名が記されていればよいという物です。その誰が書いたかわからない記名に本人の意思を持たせる働きをするのが捺印です。

 

ですから、その捺印の代わりに本人の指紋がわかる拇印で代用することは、基本的に問題はありません。

指紋は1人1人異なることが知られていますから、拇印には実印に近い効力があり、銀行員や認印よりも本人を証明するものとしては信頼できると考えられます。

 

契約書類においても拇印による捺印は認められるの?

不動産取引や売買契約などにおいて、その契約が本人の意思に基づいてなされていることが証明できないと有効なものとは認められません

 

契約書類は署名がなされている時点で完成しているものとされ、捺印は通常なら実印が用いられます。しかし、拇印が押されていれば、本人が意思を持って押したことがわかりやすいとも考えられます。他人に真似されやすい認印や銀行印では認められないケースであっても、拇印は本人が意思を持って押したものと認められる場合があります

 

ただし、実印と違い、拇印は力の入れ具合によっては1つ1つ形が微妙に異なったり、指紋がはっきりしないもの含まれてしまったりしがちです。本人のものとはっきり分かるものが大半であれば認められることが多いようですが、捺印を要する箇所の多い書類には、実印を用いる方が確実でしょう。

 

拇印はどの指で押せばいいの?

印鑑とは異なり、拇印は自分の指に朱肉をつけて、捺印を行うものです。
そこで生まれやすい疑問として、どの指を使うかという問題です。

 

一般的に拇印を行う際には右手の親指を使われる事がほとんどです。
捺印を行う際には指紋がわかるようにしっかりと朱肉に親指を押し付けて、捺印を行いましょう。
ただ、今では拇印を日常生活で使われるケースはほぼ稀なこととなっています。

 

契約書類などは印鑑、そのほかの手続きも実印などを使い、自身が契約したと証明される事が多いです。
ただ、不動産契約などの際には、拇印を用いる事で、本人の意思で契約していると判断できる場合もあると言われています。

 

押し方の決まりはあるの?

拇印を使って捺印をするとき、押し方にこれといった決まりはありませんが、一つあげることとしては、右手の親指の腹を使うということです。
また、拇印が使われるケースは稀ではありますが、本人の証明として大切なことは、指紋がしっかりと残るように押すべきであるということです。

 

朱肉のつき方によって、残り方が大きく変わってしまいます。
薄くなっていたり、滲んでいたりする場合、その捺印は有効とされない場合がありますので、基本的には綺麗に捺印するように心がけることが大切です。

 

また、拇印とはいえ、自身の意思で契約したなどの証明になりかねませんので、むやみに拇印だからといって押しすぎない事が大切です。

 

今や拇印を使われることはほとんどなくなりましたが、それでも少なからず実際に行われている場面はいくつかあります。実際に自身が利用する場合には、右手の親指でしっかりと指紋が残るように捺印を行いましょう。

 

拇印を押すときに気をつけるポイント

 

拇印を押す機会自体そうあることではありませんが、効力は実印と同じくらいある非常に重要なものなので、書類などを作成するときは拇印を使用せずに改めて認印など、その書類に必要な印鑑を用意するべきです。

 

母音を使いたい場合も、公的書類については拇印を使用することが出来ないので、日を改めて手続きを行う必要があります。
拇印の捺印を強要されるような場面で拇印を押してしまうと、その書類の法的な効力は非常に強力なものとなるので、仮に強要されるような場面に合ったときは、絶対に押さないようにしてください。

 

拇印は効力こそ強いですが、効果の強さに反して使われる場面は少なく、そもそも使うことが出来ないケースが多いので、ほとんど使うことはないでしょう。
逆に拇印を使う機会はよほどのことが無いと現れないので、気軽に押さないように気をつけてください。

 

拇印と実印はどちらも高い効果を持ってはいますが、使う場面は確実に実印のほうが多くなります。
とはいえどちらも重要なものであるのは変わりないので、どちらも気軽に押さないようにしましょう。

 

特に拇印は使う機会が犯罪を犯したときがほとんどなので、可能な限り押す機会のない生活を送ってください。


このページの先頭へ戻る