どれがどの印鑑なのかが分からなくなった時の対処法

特に銀行印は忘れてしまう

最近は銀行との取引も、普段はATMやネットを利用することが多くなりました。そのため、いざ銀行の窓口で銀行印を必要とする書類を提出しなければならなくなると、銀行に登録した印鑑がわからず慌てることがあります。

 

特に、銀行の口座を複数持っていて、それぞれ違う印鑑を使用している場合は、銀行印であることはわかっても、どれがどこの口座に使っている印鑑なのかがわからなくなることがあります。

 

実印も姓だけの印鑑だと分からなくなる

また、実印に関しても、実印として役所に登録してあるもののみフルネームの印鑑であればすぐに判別できますが、姓だけの印鑑を実印として登録した場合など、実印なのか銀行印なのかわからなくなることがあります。そのようなとき、どのように対処すればよいのでしょうか?

 

 

銀行印がわからなくなったとき

銀行で調べてもらう

認印と似ている三文判を銀行印として利用している場合や、複数の銀行口座に別々の印鑑を用意した場合などには、どれが該当する印鑑なのかわからなくなることがよくあります。その時には、銀行の窓口にその銀行の銀行印である可能性がある印鑑を全て持参して、正直に「どの印鑑がこちらに登録した印鑑かわからなくなったので照合してみてください」と頼んでみましょう

 

変な目で見られる心配なし

現在は通帳に登録した印鑑の印影を載せなくなったため、このような例は少なくありません。特に嫌な顔をせずに照合してもらえます。

 

もし、持参した印鑑の中に銀行印が無かった場合には、紛失した可能性があるので、その時には紛失届を出し、別の印鑑をその銀行の銀行印として登録し直す必要が出てきます。

 

 

実印がどれだかわからなくなったとき

実印は印鑑証明書を見て比較するのが手っ取り早い

 

実印はめったに使う機会のない印鑑なので、フルネームでいかにも実印らしい体裁をしている印鑑でない場合は、銀行印との見分けがつかなくなることがあります。

 

そのような時は、市町村役場に印鑑登録カード持参して印鑑登録証明書を発行してもらいましょうそこに登録した印影が印刷されているので、実物の印鑑と見比べてみるとわかるはずです。

 

もちろん、印鑑登録カードと共に、実印の可能性の高い印鑑を全て役場の窓口に持参して照合してもらうこともできますが、実印を使うのであれば、印鑑登録証明書が必要になるはずですから、印鑑証明を取って見比べてみるのが手っ取り早いと思われます。

 


このページの先頭へ戻る